2階のリビングに大型冷蔵庫

冷蔵庫の搬入も引っ越し業者がやってくれます

どうも、管理人ハルです。

フリーター時代の3年間、引っ越し業者で毎日冷蔵庫やら洗濯機やらを運びまくってた僕が安く冷蔵庫を2階に搬入する方法を紹介します!

2階に冷蔵庫を搬入、クレーン?人力?

2階に冷蔵庫を搬入、クレーン?人力?

2階に大きな冷蔵庫を置きたいけど、階段が通らない。どうしたらいい?ってとき。

引っ越し業者なら、選択肢がいろいろあります。

  • クレーンでつる
  • 人力でつり上げる
  • 電動脚立を組んで持ち上げる

どういう方法をとるかは、その業者しだいです。

ただ、各社料金にはバラつきがあるし、どこに頼めばいいのか、1つずつ当たっていくのって、すごく面倒ですよね。

そんなときは、一括見積りサイトで見積もりを取っちゃうのが一番です。そうすれば、対応してくれるところが「この金額でやります」って言ってきてくれますから。

あとはその中で一番安いところを選ぶだけです。

家電店で買った冷蔵庫はどうする?

家電店で買った冷蔵庫はどうする?

家電量販店で冷蔵庫を買ったのはいいけど、配送業者から2階に搬入するのは無理と言われた。そういうケースもあります。

販売店さんは、契約している配送業者にしか手配できませんから、そこが対応できなければその時点でアウトなんですね。

その場合、

  • 小さいサイズに変更、もしくは返品をすすめられる
  • 梱包していない状態で無理やりチャレンジ(冷蔵庫、家にキズがついても保証しないという約束で)

だいたいこの2パターンになると思います。

その点、引っ越し業者への一括見積りなら対応業者が簡単に見つかるので確実です。

ちょっと手間はかかりますが、引っ越し業者を手配してから、その日に合わせて自宅前まで冷蔵庫を運んでもらえば希望の冷蔵庫を2階に置くことができますよ。

ただし、家電量販店に交渉して、引っ越し業者の手配を頼む、というのはお勧めしません。

安いところを探す、ということまではしないので高額になる可能性があります。

冷蔵庫1つだけでも相見積もりを取った方が得な理由

冷蔵庫1つだけでも相見積もりを取った方が得な理由

見積のとり方ですが、とりあえずパッと思いついたところに電話して・・じゃなくていくつかの業者から取るというのが鉄則です

さっき説明したように、もともとの料金が違うし、そのとき、その営業所の稼働状況でどこまで値引きできるか違うからです。

僕自身、東京から九州まで18万円で引越ししたことがあります。

そのときは5社から見積もりをとりましたが、一番高い見積もりを出してきたところは50万円でした。

びっくりでしょ。しかも50万と言ってきたその業者さんは、最初に見積もりに来てもらったところです。

相見積の手間を惜しんでいたら、大損するところでした。

5社から見積もりっていうと面倒な気もしますが、いまはネットから1回住所とか入れるだけで済んじゃいます。

しっかりと一番いいところを選びましょう。

「クロネコヤマトのらくらく家財宅急便」vs「引越し業者の平均料金」

試しに、下記の条件で「クロネコヤマトのらくらく家財宅急便」と、引越し業者の比較を行ってみました。引越し業者は実績料金を平均した金額として、両者を比べています。

前提条件
  • ソファ × 1個
  • シングルベッド × 1個
  • 単身用冷蔵庫 × 1台
  • 全自動洗濯機 × 1台
クロネコヤマト「らくらく家財宅急便」 41,796円
引越し業者に依頼した場合の平均料金 30,000円
差額 11,796円

※「らくらく家財宅急便」の料金は2017年12月現在の税込料金を計算し、掲載しています。
※引越し業者の平均料金はクラウドワークスにて全国の単身引越し経験者1000人にアンケート調査をした結果です。(調査期間:2018年1月1日~3月31日)

冷蔵庫の搬入だけの見積もりの取り方

僕は、見積とるときはさっきのサービスが1番使いやすいと思ってるんで、冷蔵庫だけで見積もりを取るやり方を載せておきますね。

一括見積サイトで、住所なんかを入力して先に進むと、運ぶ荷物にチェックをつけるところがあります。ここで冷蔵庫にチェックをいれて進めばOKです。住んでいる場所ごとに、料金相場も表示されるので便利ですよ。

荷物情報画面で冷蔵庫の台数を入力してください

家の中で移動する時は「引越し元」と「引越し先」の住所を同じにする

冷蔵庫を「家の中で2階から1階に運んでほしいだけ」というような時は引越し元の住所と引越し先の住所を同じにしてください。

家の中で移動する時は「引越し元」と「引越し先」の住所を同じにする

さらに、次に進んでいくと荷物を選択する画面があるのですが、その下の方に「家具の配置」という項目があります。この項目にチェックを入れておきましょう。

「家具の配置」にチェックを入れる

これで、引越し業者に「引越しではなく家の中で冷蔵庫を移動させたい」という要件が伝わります。

 

このツールを使えば料金が最大50%オフになります。複数の業者から相見積を取って賢く節約しましょう。

 

 

引越し業者によっては、対応し兼ねる場合もあります。