長距離に強い引っ越し業者は?

長距離に強い引っ越し業者は?

長距離の引越しをお得に!

どうも、管理人ハルです。

フリーター時代の3年間、引っ越し業者で毎日大型テレビやら冷蔵庫やらを運びまくってた僕が、ガッツリ料金を安くする方法を紹介します!

長距離に強い引っ越し業者はどこ?

長距離に強い引っ越し業者はどこ?

引越が長距離だと、料金が気になりますよね。

基本的に長距離に強いのは、鉄道コンテナを持ってる大手です。

トラックだけの輸送だと、どうしても金額的に高くなってしまいます。

ただ、業者の見積金額って、そのときの営業所の稼働具合でかなり変わってきます。繁忙期3倍とか言いますよね。

申し込むタイミングによって、鉄道コンテナあるから一番安い、とはならないケースも多いです。

だから費用を抑えるには、とりあえず一括で見積もり取っちゃうのが一番です。

相見積もりを摂らないと大損する理由

大型テレビ1つだけでも相見積もりを取った方が得な理由

見積のとり方ですが、とりあえずパッと思いついたところに電話して・・じゃなくていくつかの業者から取るというのが鉄則です

さっき説明したように、もともとの料金が違うし、そのとき、その営業所の稼働状況でどこまで値引きできるか違うからです。

僕自身、東京から九州まで18万円で引越ししたことがあります。

そのときは5社から見積もりをとりましたが、一番高い見積もりを出してきたところは50万円でした。

びっくりでしょ。しかも50万と言ってきたその業者さんは、最初に見積もりに来てもらったところです。

相見積の手間を惜しんでいたら、大損するところでした。

5社から見積もりっていうと面倒な気もしますが、いまはネットから1回住所とか入れるだけで済んじゃいます。

しっかりと一番いいところを選びましょう。

「クロネコヤマトのらくらく家財宅急便」vs「引越し業者の平均料金」

試しに、下記の条件で「クロネコヤマトのらくらく家財宅急便」と、引越し業者の比較を行ってみました。引越し業者は実績料金を平均した金額として、両者を比べています。

前提条件
  • ソファ × 1個
  • シングルベッド × 1個
  • 単身用冷蔵庫 × 1台
  • 全自動洗濯機 × 1台
クロネコヤマト「らくらく家財宅急便」 41,796円
引越し業者に依頼した場合の平均料金 30,000円
差額 11,796円

※「らくらく家財宅急便」の料金は2017年12月現在の税込料金を計算し、掲載しています。
※引越し業者の平均料金はクラウドワークスにて全国の単身引越し経験者1000人にアンケート調査をした結果です。(調査期間:2018年1月1日~3月31日)

エアコン、別にしたほうがいいですよ

引越しのとき、エアコンって一緒に頼んじゃいますよね。

でも取り外しと取り付け、引越し業者のオプション料金よりも、エアコンの移設専門業者のほうがかなり安いんです。

面倒くさく感じるかもしれませんが、これは必須です。

メールで見積もりをとるのに5分。その差数千円。

その浮いたお金で新居にかわいい棚でも買えちゃいますよ。

 

 

このツールを使えば料金が最大50%オフになります。複数の業者から相見積を取って賢く節約しましょう。

 

 

引越し業者によっては、対応し兼ねる場合もあります。